search

闇金の嫌がらせは債権者の恐怖心を煽るため


闇金はお金を貸すことを生業にしており、また、とてつもない金利を付加して無許可営業をしています。
では、違法な金利体系でなぜ、借りる人がいるのかと言えば、ここでありる人の多くがすでに多重債務者となっており、消費者金融や他の貸金業者から借金が雪だるま化していることにより、いくら金利が高くてもその場をしのぐために貸してくれるのであればと考え、通常のお金に対するモラルが欠如してしまっていることが多いでしょう。
闇金であることから、実態がつかみにくく、嫌がらせなどの方法に対策の打ちようがないことがあります。
これらの業者は、暴力団関係者が多く、返済が滞ると嫌がらせや脅迫を行います。
その嫌がらせや脅迫に、恐怖感を感じると、さらにその行為がエスカレートします。
これらの行為をエスカレートさせることで、無理にでも他からお金を工面させて剥がし取るのが、彼らのやり方です。
いたずら電話やファックスの連発は勿論のこと、うどんやラーメン、ピザやお寿司など出前を注文する行為、親戚や職場への脅迫など様々な手で繰り返し行い、取れるところから取るというのが彼らの手段です。
闇金の脅迫に耐えられない場合は、弁護士に相談し、早期で問題を対処しなければ、問題が大きく膨らみエスカレートします。
闇金自体が元々、違法であるため、借りた元金すら返済する必要が無いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

close
search
最近のコメント
    カテゴリー

    Hi, guest!

    settings

    menu